キャッシングの総量規制

キャッシングできる金額が制限される総量規制とは?

キャッシングサービスを利用しようとしている人の中には「総量規制」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。高額の融資を希望する人には影響があるかもしれませんので、今回は総量規制について解説したいと思います。

 

 

■総量規制とは?
2010年6月から施行された法律上の制限で、借り入れの総額が年収の3分の1までに制限されるというものです。これは個人の借り入れの合計で、複数の金融機関から融資を受けている人は、合計が3分の1を超えることができなくなりました。年収600万円であれば合計で200万円まで、年収300万円の人なら合計で100万円までしか借りることができません。

 

専業主婦のように基本的に収入がない人は借り入れができなくなってしまいますし、収入があまり多くない人は借りられるとしても数十万円ぐらいに制限されてしまいます。なぜこのような制限ができたのかというと、本人の返済能力以上にお金を借りる人が増えてしまい、破産者が増えていたからです。

 

■総量規制の例外
総量規制というのは貸金業法で定められた制限ですので、貸金業法が適用されない金融機関であれば総量規制の影響は受けません。貸金業法というのは消費者金融を対象としていますので、どうしても年収の3分の1を超えるお金が必要な場合には銀行法が適用されている銀行からの借り入れが有効となります。

 

緊急の医療費としての貸付や個人事業主に対する借り入れは総量規制の例外となります。住宅ローンや教育ローンなどの、目的が定められた借り入れも例外となっています。このように例外はあるものの、あまり無茶な借り入れはせずに自分が借りられる制限の範囲でなんとかやりくりをしておくのが安全だと思います。

 

総量規制についてさらに学びたい方のために参考サイトを紹介します。

 

1.総量規制対象外特集 総量規制対象外カードローンとその活用の仕方にすいて紹介されています。
2.土日お金借りる 土日や祝日にお金を借りる方法が詳しく紹介されています。

旦那の育て方

我が家は、お金がありません。
というのも、旦那の稼ぎが少ないからです。
飲食店の板前という職業柄、仕方ないのですが、そもそも義母の育て方が間違っていたと、ハッキリと言えます。

 

旦那の家は、義祖父と義母が二人で居酒屋を営んでいます。義父は、普通のサラリーマンです。
なので、旦那が小さな頃から義母はお店が忙しく、朝から晩まで働いていたので、旦那はひいおばあちゃんに育てられたようなものです。

 

ただ、両親共に働いていたので、お金だけは昔からあったようで、旦那は欲しいものは何でも手に入ったと言っていました。
お小遣いも、なくなればすぐにまたもらう感じで、上限がなかったようです。
その癖は、いまでもまだとれず、結婚して一児の父親になったにも関わらず、お小遣いがなくなれば、すぐに前借り。前借りが無理だったり、自分の用事やらでお金が必要な時は、義母にもらったりしているようです。

 

本当に困ったもので、1番ひどかったのは、私が子供を産んで里帰りしているときに、出産祝いとして頂いていたご祝儀を、10万も使い込んでいました。
子供のためのお金を、です。
そのあと、パチンコでいくらか勝って、8割がた返してもらいましたが、あと2万がまだ戻ってきていません。

 

パチンコも好きみたいで、結婚してからすぐに、パチンコで負けて20万近い借金も判明しました。
これも結局、義母が立て替えてくれました。

 

なんでもお金だけ、あげるのは良くないなと、旦那を見て思いました。
お金ではなく、愛情で育てなくちゃいけないです。